生活費に困らない賃貸を選ぼう

家賃は毎月の固定費になりますので賃貸を借りる時には生活費に困らない程度の家賃帯を選ぶ必要があります。
無理に高いところを利用して経済的な余裕が持てないようですとそれからの生活で苦労することにもなり兼ねませんので注意しましょう。どの程度の家賃帯を選べば良いのかと言えば一般的には収入の3分の1以内の家賃で収めるようにした方が良いとされています。
また、家賃以外にも駐車場代や共益費、管理費などの出費が必要になることもありますので、そういった費用も含めて計算をしなければいけません。しかしながら収入の3分の1というのはあくまでも物件選びの目安にしか過ぎませんし、生活費にもっと余裕を持ちたいという時にはさらに安い物件を選ぶのもひとつの選択肢です。
ただし、生活の基盤にもなる賃貸のランクを落とすと不満も感じてしまう可能性がありますし、快適な生活を送れないのは良いことではありません。
家賃の安さばかりを求めるのは物件選びに失敗する原因にもなりますので、家賃と生活費のバランスをよく考えて選ぶことが大事と言えるでしょう。

賃貸に更新料はつきもの?

賃貸の更新料 一般的に、賃貸物件には更新料というものが発生する場合が多くあります。この更新料というのは、一般的な賃貸物件の契約期間である2年を超えてその物件に住む場合に支払うお金です。
退去するという判断をした場合にはかかりません。相場としては、家賃の1~2ヶ月分ということが多いようです。しかし、2年に一度、家賃を倍払う月が訪れるとなると、思わぬ出費になりかねません。
この更新料というお金は、礼金と同じように、大家さんに支払うものです。また、礼金と同じように、慣習として定着しているものでもあります。
ですから、法律上で支払う義務があるというものではないので、契約書に記載がなければ支払う必要がなく、もう一度よく契約書を確認してみるとよいでしょう。
また、この更新料というものが元々ないという賃貸物件もあるので、入居前に確認しておくのがベターです。家賃の1ヶ月分はけっこうな費用ですし、重荷となりかねません。
賃貸物件を選ぶ際には、こういったところも気にしておきましょう。